「コラム」の記事一覧 - 11ページ目

古いクルマのファン悲鳴! 旧車パーツの価格が高騰し続ける理由とは

パーツが数年前の2倍の価格になっているものも!  旧車が人気ということもあり、パーツ供給に注目が集まっている。パーツがないことには維持もできない。日本車についてはよく言われるようにかなり厳しい状況ではあるが、想像以上に数.…

続きを読む...

キレイに見えたのに……中古車購入時に「ハズレ」を引いて泣かないために見るべきポイント4つ

車両の状態を詳しく知ることが重要!  新車とは異なり、以前のオーナーの使い方によって同じ年式同じ走行距離でも程度が大きく異なってきてしまう中古車。それだけに中古車選びというのはなかなか難しいところだが、いくつかポイントを…

続きを読む...

出展メーカーも少ないし見どころナシ……はちょっと待て! 2019年こそ東京モーターショーに足を運ぶべき理由とは

時代の変わり目となる「新たなる」ショーの姿が見られる!  2年ごとに開催される、クルマ業界最大の歴史と規模を誇るイベントといえば、東京モーターショーですね。リーマンショックや東日本大震災以降、やや盛り下がっている傾向は否.…

続きを読む...

性能劣化じゃ済まない! エンジンオイルを交換しないと起きることとは

最悪エンジンが再起不能に……  以前は3000kmもしくは3カ月毎という時代もあったオイル交換。最近ではオイル質やエンジンの性能向上などによって、1万2000kmもしくは1年毎というのが純正指定では増えているし、ドイツ車...

続きを読む...

初心者や高齢者には必須! いまどきクルマの神装備「コネクティッドサービス」の重要性とその中身

コネクティッドサービスは「通信料」が重要  Wolfceoでは、以前にもより安心快適なドライブ、カーライフをサポートしてくれる自動運転の前に、より多くのクルマに取り入れてほしいと思っているクルマのコネクティッドサー...

続きを読む...

カローラマニアが北米ドライブに燃費で劣る日産アルティマを選んだ「アメリカならでは」の理由とは?

現地の女性との会話でカルチャーショックも  この時期休暇も兼ねて、アメリカ西海岸のロサンゼルス周辺となる南カリフォルニア地区で10日ほどレンタカーを借りて、気ままにブラブラしている。学生時代の“ぶらり旅”も含めると毎年の...

続きを読む...

クルマのトランクやドアを開けたまま走行するのは違反?

反則金6000円の道路交通法違反に当たる!  普通の開き戸タイプのドア、そしてスライドドアに関わらず、ドアを開けっぱなしにして走る人はいないだろうが、半ドアのまま走っている人はときどき見かける。ドアを開けっ放し、あるいは...

続きを読む...

昔はよく穴が空いたり脱落していたのになぜ? 最近クルマのマフラーが腐らない理由

最近のマフラーはステンレス化している!  マフラーというのは大きな消耗品だと、昔からよく言われる。確かに、以前はマフラーが脱落したり、タイコや配管に穴が空いて、爆音になってしまったクルマを見かけたものだが、最近はあまり見…

続きを読む...

進化すればいいってもんじゃない! オヤジ世代が困惑する使いづらいクルマの最新機能7選

スマホ世代に合わせた最新装備はオヤジ世代には難解なものばかり  最近のクルマの進化は著しく、装備面でもどんどん新しくなっている。それはそれで便利な部分もあるのだが、オヤジ世代にとっては不便を感じることだってある。 1)デ.…

続きを読む...

ファンからは疑問の声が多数! スバル・フォレスターが4代続いたターボエンジンをやめたワケ

3代目でもすでにターボの販売比率は落ちていた  5代目となる現行型スバル・フォレスター。販売面では堅調な人気を維持しているが、2018年に登場したときは、ハイブリッドのe-BOXERが採用された代わりにターボエンジン搭載...

続きを読む...

衝撃のパワー&トルクにクルマ好き狂喜乱舞! 歴史に残るターボエンジンの「名機」4選

無理やりパワーを絞るほどのポテンシャルをもったエンジンも  最近ではエンジンの排気量を小さくし、過給機によって足りないパワーやトルクを補うダウンサイジングターボが一般的となっているが、やはりターボと言えば有り余るパワーと…

続きを読む...

公道で実際に役立つものを! 自動車教習所の指導項目に加えるべきメニューとは

フル加速とフルブレーキの体験は不可欠  日本の教習所で普通自動車の免許をとろうと思うと、実技で31時間、学科で26時間、費用も30万円以上(いずれもAT限定)と、時間もコストもべらぼうにかかる。アメリカなどでは、簡単なペ...

続きを読む...

新車時ってこんなに良かったっけ? 古いクルマで交換すると効果絶大のパーツ6つ

早めに交換することで新車時の乗り味が戻ってくる  クルマというのは消耗品の塊と言っていい。走ればもちろん、駐車しておくだけでも消耗は進み、交換時期を迎える。これに合わせて交換や調整をするのがメンテナンスという行為だ。そも…

続きを読む...

鮮烈デビューもなぜ売れない? アクセラ改めMAZDA3が発売直後に苦戦するワケ

ファミリアの後継モデルと考えると高すぎる?  今年の5月から発売がスタートしたマツダのCセグメントカーであるMAZDA3(マツダ・スリー)。日本ではそれまでのアクセラのポジションを担う車種となっているが、そもそも日本国外...

続きを読む...

一時代を築いたビッグネームが見る影もなし! 人気下降の国産車6選+α

モデルチェンジでライバルに遅れをとって人気薄に  クルマに限らず、芸能人、飲食、ファッションなど、あんなに流行ったのに今では人気急降下……というのはよくあること。売ってはいるけど、見る影もないというものは枚挙にいとまがな...

続きを読む...

ウィークリーランキング

cialis generico online

защита картера

www.mandarin.org.ua