プジョー308が新ディーゼルエンジンを搭載して魅力アップ! 283万9000円から

プジョー308が新ディーゼルエンジンを搭載して魅力アップ! 283万9000円から

クルーズコントロールやApple CarPlayも全車標準装備

 プジョー・シトロエン・ジャポンは、プジョーブランドの主力モデルである308に、新型エンジンや8速AT、アクティブクルーズコントロールなどを追加導入した新ラインアップを発表した。308

 308はスポーティなスタイリングに実用性を兼ね備えた人気のハッチバックモデル。ワゴンモデルも用意され、欧州で愛されるモデルのひとつになっている。2016年11月に日本デビューして以来、クリーンディーゼル搭載車として人気が高い。今回、そのラインアップに新開発の1.5Lディーゼルエンジンと新世代8速ATを組み合わせた。

 この新開発の1.5Lクリーンディーゼルは、今後のPSAグループのディーゼル戦略の中心となるエンジン。従来の1.6Lモデルと比べ、ダウンサイジングしたにもかかわらず、プラス10馬力の最高出力130馬力を誇る。さらに、燃費はJC08モードにおいて従来比プラス15.7%の24.3km/Lを実現。大幅な燃費向上を図っている。また、排ガス規制(EURO6.2)をクリアしており、今後のさらなる厳しい規制にもクリアできる性能を持ち合わせている。308

 トランスミッションは308 GT BlueHDiに採用していた新世代8速ATを搭載。これによりプジョー308はGTiモデルを除いて全車8速AT+パドルシフトとなっている。このATはエコ/ノーマル/スポーツの3つのモードが用意され、状況に合わせて最適なドライブを楽しむことが可能。308

 そのほか、アクティブクルーズコントロールを全車標準装備とし、さらにApple CarPlayに対応したプジョーミラースクリーンを搭載。機能性を高めている。308

 また、今回の新エンジン導入を記念した特別仕様車308 GT Lineを設定し、同時発売している。

メーカー希望小売価格(税込み)は下記の通り。
308 Allure 283万9000円
308 SW Allure 308万7000円
308 GT Line 308万9000円

画像ギャラリー